お墓参りの仕方について

墓参りとは、亡くなった方の冥福をお祈りすると同時に、家族の無事を報告して、ご先祖に感謝をすることを指します。今回はこの墓参りについて説明をします。まず、墓参りをする時期には決まりがありません。いつ故人の墓地を訪れても一向に構いませんが、一般的にはお盆や命日、春秋のお彼岸、年の暮れや正月などを中心に墓参りをします。『お盆』には迎え火や『お彼岸』には彼岸会などの行事が合わせて行われることが多いです。特に『命日』には亡くなった日と同月同日の『祥月命日』とその月の中の同日の『月命日』があり、『祥月命日』には法要が行われる事が多いため、あわせて墓参りをすることが多いのです。ただし、一般的な墓参りの日に限らず、人生の一つの節目となるような日に、お世話になった故人に報告をしに行くというのももちろん良いでしょう。


次に、墓参りの際には用意すべきものがいくつか有ります。まず、お墓の周りを掃除するための、ほうきや軍手、雑巾やバケツなどが必要となります。次に、お参りの為に、お線香やろうそく、点火用のマッチやライター、花やお菓子などのお供え物などが必要となります。お供え物については故人の好きだった物や手料理などでも構いませんが、お供え物を置く半紙も同時に用意をしておきましょう。そして、墓参りの手順としては、墓地に到着をしたらまずは手を洗い清めます。それから桶に水を汲み、お墓に向かいます。お墓に着いたらまずは合掌一礼をして、お墓とその周りを掃除をします。お墓が綺麗になったらお線香をあげてお供えをして拝礼をします。墓参りが終わった後はお供え物は必ず持ち帰るようにしましょう。墓参りの服装としては、納骨や初盆などの法事と同時に行く場合は喪服となりますが、通常の墓参りの時には決まった服装はありません。墓参りの時間帯についても特に決まったものはありませんが、夜中の墓参りはやはり不向きですので、避けたほうが良いでしょう。家族の中には仕事や止むを得ない事情でどうしても墓参りに行く事が出来ないという人もいますので、現在では墓参り代行サービスというものがあり、お墓の周りの掃除からお供えと合掌までを行ってくれます。


このように墓参りには様々な手順がありますが、その目的はひとえに故人を悼み、家族の無事を感謝し、そして心を込めて供養するためのものなのです。最近、墓参りに行っていないという方はこの機会に是非墓参りをしてみてはいかがでしょうか。

当社では多岐に渡るお客様のニーズにお応えするべく、リストからあるいは地図からの、霊園検索ができる機能をご提供しております。 ペットを一緒に埋葬するには特別な許可が必要ですが、御社ではそれを可能にする希少な土地を紹介できることが他社との違いです。 当社の歴史は1988年から始まり、常にお客様のご希望に沿った、「あったらいいな」と思えるお墓選びを行ってまいりました。 お墓のご相談は美郷石材へお問い合わせください。