何処にお墓を建てればいいのか

初めてお墓を建てる時にまず最初に直面する問題が何処にお墓を建てればいいのかということです。何処にでもお墓を建てて構わないというのであれば、自分の家の庭に建墓をしたいという人も多いでしょうが、それは法律で禁止されているのです。建墓をしても良い場所は、墓地として都道府県知事の認可を受けた区域に限られています。現在、私たちが建墓可能な墓地は数種類ありますので、以下に説明をします。まず一つ目の墓地は『公営墓地』です。これは都道府県・市区町村などの地方の自治体が管理・運営をしているもので、全国で500か所以上の公営墓地が存在をしています。特徴としては何よりも使用料が圧倒的に安く済むことが挙げられます。また、宗派などでの制限が無いことも特徴の一つとなります。しかし、申込の際の資格条件が非常に厳しく、区画の数が少ないために競争率も非常に高いため、抽選に当たらなければ購入をすることが出来ません。

また生前に墓地の購入をすることも出来ませんので、注意が必要です。二つ目の墓地は『民営墓地』です。これは営利を目的としていない公益法人・宗教法人などに経営が認可されている墓地となります。特徴としては民間資本のため使用料は高めに設定されていますが、供給量が多いため費用を問わなければ最も簡単にお墓を購入をすることが出来ます。また、宗派などの制限が無く、申込に際しての資格条件も厳しくありません。ただし、石材店が指定をされてしまっていることが多いため、選択の余地があまり無いことも特徴の一つとなります。そして、三つ目の墓地は『寺院墓地』です。これは寺院が管理をし、寺院の境内で経営されている墓地となります。特徴としては、墓地の管理が行き届いているため安心が出来る、交通の便が良い、葬儀や法要を寺院にお願いが出来る、承継者が居ない場合でも永代供養をしてもらえるなどの特徴があります。ただし、使用料は高めに設定されており、寺院の数・区画数ともに限られているため、供給量も少ないものとなります。また、基本的にはお寺の檀家となることが義務付けられており、同時に護寺会費や寄付などの義務が生じることもあります。このように、墓地の種類は様々あり、それぞれ独自の特徴を持っています。

お墓を購入する際には、子々孫々継承していくとても大事なものとなりますから、いろいろな情報を集めて、自分とその家族に最適な墓地を選択することが重要となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*