民営墓地にお墓を建てたい場合

財団法人や社団法人などの公益法人や宗教法人が管理・運営している墓地を民営墓地といいます。ここでは寺院が境内以外の場所で管理している墓地も民営墓地として説明します。民営墓地は駐車場や休憩所、遊歩道など、設備が整った明るいイメージの公園墓地に多く、中には斎場ホールを併設していて、そこで法要ができるようになっているところもあります。民営墓地は開発が進み、新しく造成されるところも多いので、公営墓地に比べると取得が簡単です。常時募集していますので、すぐにお墓を建てたい、といったように必要なときにすぐ取得することができ、宗派や宗旨を問わないところも多いので、誰もが利用しやすい墓地と言えます。ただし永代使用料や管理料が公営墓地に比べて割高で、墓地によって価格に大きな差があります。区画の広さに対して使用料が妥当な金額になっているかは確認しておく必要があります。

民営墓地を購入し、そこにお墓を建てる場合、何店かの指定された石材店しか利用できないところがほとんどです。これを指定石材店制度といいます。民営墓地を選ぶ際には、指定石材店の中に信頼の置ける石材店があるかどうかを調べておく必要があります。もし自分の気に入った石材店があり、そこに墓石建立を発注したい場合は、その石材店が建墓できる民営墓地を紹介してもらうという方法があります。このように、民営墓地にお墓を建てるときには、まず墓地を決めてから石材店を選ぶ方法と、石材店を決めてから墓地を選ぶ方法の2つの方法があることを覚えておくと便利です。また、郊外に新設された民営墓地では、指定石材店が墓地の販売促進業務を請け負っている場合もあります。それらの民営墓地では、墓石の料金とその工事費一式、永代使用料などをすべてセットにして、完成墓所として販売しているところもあります。完成墓所はセット墓所ともいい、墓地の永代使用料だけでなく、墓石・外柵・工事費などがセットになっているので、非常に手間が省けて便利です。このタイプは墓地の広告でよく紹介されていますが、セット内容は墓地によって異なってきますので、セット価格に何が含まれているかを事前によく確認しておくことが大切です。

年間管理料は別途となっているところが多いです。以上のように、民営墓地でお墓を建てる方法はいくつもあります。自分たちがどういったお墓をどこにいくらぐらいの予算で建てたいかをしっかり整理しておき、計画を立てていくことが重要なポイントになってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です